本物の名探偵
平塚八兵衛が追った事件

帝銀事件

「帝銀事件」とは1948年1月26日に、東京都豊島区長崎の帝国銀行椎名町支店で発生した毒物殺人事件です。戦後の混乱期、GHQの占領下で起きた事件であり、犯人が逮捕されたにも関わらず、未だに多くの謎が解明されていない事件として有名です。

事件の概要

1948年1月26日、銀行の閉店直後の午後3時すぎ、東京都防疫班の白い腕章を着けた中年男性が、厚生省技官の名刺を差し出して、「近くの家で集団赤痢が発生した。GHQが行内を消毒する前に予防薬を飲んでもらいたい」「感染者の1人がこの銀行に来ている」と偽り、行員と用務員一家の合計16人に青酸化合物を飲ませました。その結果11人が直後に死亡、さらに搬送先の病院で1人が死亡し、計12人の犠牲者を出しました。犯人は現金16万円と、安田銀行板橋支店の額面1万7450円(現在の価値で数百万円相当)の小切手を奪って逃走しました。現場の状況が集団食中毒の様子と似ていたために混乱が生じ、初動捜査が遅れて犯人の身柄の確保はできませんでした。また、小切手は事件発生の翌日に現金化されていましたが、関係者がその小切手の盗難を確認したのは事件発生から2日後の28日午前のことでした。

巧妙な手口

犯人は、全員に青酸化合物を飲ませることができるよう遅効性の薬品を使用し、さらに手本として自分が最初に飲んでみせることで行員たちから信用されることに成功しました。また、「歯のエナメル質を痛めるから舌を出して飲むように」などと伝えて確実に嚥下させたり、第一薬と第二薬の2回に分けて飲ませるなど、巧みな手口を用いていたことが生存者たちの証言によって明らかになりました。犯人が自ら薬を飲んだことや、当時の日本では上下水道が未整備で人々が伝染病を恐れていたという背景があり、16人全員がほぼ同時に第一薬を飲みました。その時、ウイスキーを飲んだときのような、胸が焼けるような感覚に襲われたそうです。約1分後、第二薬を男から渡され、苦しい思いをしていた16人は競うようにそれを飲みました。行員の一人が「口をゆすぎたい」と申し出ると、犯人はそれを許可しました。全員が台所の水場などへ行きますが、さらに気分は悪くなり、やがて気を失いました。しかし、そのうちの一人が失神を繰り返しながらも外へ出たことから、事件が発覚するに至りました。

二つの類似未遂事件

1947年10月14日、安田銀行荏原支店に「厚生技官 医学博士 松井蔚 厚生省予防局」と書かれた名刺を持つ男が、「赤痢感染した患者がこの銀行に訪れていたことが判明した」などと話し、帝銀事件と同じような手口で薬を飲ませた事件が発生していたことが分かりました。死者は出ていませんが、名刺自体は本物だったため、この事件の犯人は以前松井と面会している可能性が高いと判断されました。また、1948年1月19日、三菱銀行中井支店でも同じような未遂事件が発生していました。しかし、この時に男が出した名刺は偽者であることが判明しています。

捜査

事件発生後、犯人から受け取った名刺を支店長代理が紛失していたことが判明しました。捜査は、支店長代理の記憶と、2件の類似事件の遺留品である名刺、生存者たち全員の証言から作成された犯人の似顔絵、事件翌日に現金に替えられた小切手を手がかりにして進められました。遺体から青酸化合物が検出されたことから、その扱いを熟知した旧陸軍731部隊(関東軍防疫給水部)関係者を中心に捜査されていました。陸軍第9研究所に所属していた伴繁雄から有力情報を入手し陸軍関係の特殊任務関与者に的を絞りますが、事件発生から半年後の6月25日、突如GHQから旧陸軍関係への捜査中止が命じられてしまいます。そんな中、捜査本部の脇役的存在でしかなかった名刺班の進めていた、類似事件で悪用された松井蔚の名刺の地道な捜査に焦点があてられていきます。松井は名刺を渡した日付や場所や相手を記録に残していたため、捜査も円滑に進みました。100枚あった松井の名刺のうち、手元に残っていたのが8枚、残る92枚のうち62枚を回収し、紛失したため事件に関係ないと見られた22枚を確認。そして行方が最後まで確認できなかった8枚のうちの1枚を犯人が事件で使用したと断定されました。

犯人逮捕

1948年8月21日、松井と名刺交換した人物の一人であるテンペラ画家の平沢貞通を北海道小樽市で逮捕しました。平沢を逮捕した主な理由は、以下の通りです。

広告

裁判

警視庁は平沢を被害者に面通ししましたが、この男だと断言したものは一人も居ませんでした。逮捕当初、平沢は一貫して否認していましたが、9月23日から自供を始め、10月12日に帝銀事件他の2件の未遂類似事件による強盗殺人容疑を強盗殺人未遂容疑で起訴されました。しかし平沢は、12月20日から東京地裁で開かれた公判にて自白を翻し無罪を主張しました。1950年7月24日、東京地裁で一審死刑判決。1951年9月29日、東京高裁で控訴棄却。1955年4月7日、最高裁で上告棄却となり、5月7日に死刑が確定しました。なお、平沢に対する取調べはかなり厳しいものであったと言われており、平沢は逮捕された4日後の8月25日に自殺を図っています。その後も2回の自殺を図りますが全て未遂に終わりました。

死刑確定後

平沢の支援者らは、平沢の供述は拷問に近い平塚八兵衛の取調べと、狂犬病予防接種の副作用によるコルサコフ症候群の後遺症としての虚言症によるものであり、供述の信憑性には問題があると主張しました。また、大村徳三博士の鑑定によれば、死刑判決の決め手となった自白調書3通は、取調べに関与していない出射義夫検事が白紙に平沢の指紋を捺させたものであると主張し、再審請求を17回、恩赦願を3回提出しますが受け入れられませんでした。1968年に再審特例法案が提出されて廃案になった後の1969年に法務大臣が7人の死刑囚への個別恩赦の検討をした際には平沢も対象となりましたが、平沢の恩赦はされませんでした。代々の法務大臣も死刑執行命令にサインしないまま、1987年5月10日、平沢は肺炎を患い八王子医療刑務所で病死しました。95歳でした。

冤罪の可能性と真犯人

前述した通り、犯人の手口が非常に巧妙で、平沢のような毒物に関する知識を何も持たない人物に犯行は不可能なこと、拷問に近い取調べで自白を強要されたこと、平沢は精神に疾患があり虚言症であることなどから冤罪の可能性が高いと指摘されています。捜査に携わっていた成智英雄は後の手記で「真犯人は元秘密部隊にいた人物」とし、さらに「731部隊の内50数人を調べた結果、経歴・アリバイ・人相が合致するのはS中佐しかいない」と書いています。しかし、731部隊に所属していた人物によると、S中佐と同姓同名の人物はおらず、S中佐と同じ苗字で名前は似ているが異なる人物が二人居るとして、成智は二人以上の人物を混同している可能性があると指摘しています。また、ある説では平沢と知り合いだった歯科医が真犯人だというものや、731部隊の人間が真犯人だというものもありますが、いずれも憶測の域を出ず、事件から60年以上たった今でも真相は分かっていません。

広告2

レッスンを実際に体験してみてヨガの奥深くリラックスする心地よさを体感して下さい。ヨガインストラクター 養成日本フィットネスヨーガ協会では説明〜レクチャー、レッスンを体験していただけます!

事件を題材にした作品

小説
「小説帝銀事件」松本清張
「日本の黒い霧」松本清張
「悪魔が来りて笛を吹く」横溝正史
「エラリー・クイーンの国際事件簿」エラリー・クイーン
「邪魅の雫」京極夏彦
「Tokyo Occupied City」デイヴィッド・ピース
ノンフィクション
「科学捜査論文『帝銀事件』—法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理—」中村正明
「そして、死刑は執行された」合田士郎
映画
1964年「帝銀事件 死刑囚」
テレビドラマ
1980年「帝銀事件・大量殺人獄中32年の死刑囚」
1984年「帝銀事件」
2009年「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」