本物の名探偵
平塚八兵衛が追った事件

下山事件

「下山事件」とは、日本が連合国の占領下にあった1949年7月5日、国鉄総裁の下山定則が出勤途中に失踪し、翌日未明に死体となって発見された事件です。事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警視庁は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切りました。下山事件から約1ヶ月の間に国鉄に関連した三鷹事件、松川事件が相次いで発生し、この三つの事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれています。

広告

事件の経緯

下山定則は、1949年6月1日に発足した日本国有鉄道(国鉄)の初代総裁に就任したばかりでした。7月5日の朝、午前8時20分ごろに大田区上池台の自宅を公用車で出ます。途中運転手に日本橋の三越に行くように指示します。しかし、三越が開店前だったため、一旦国鉄本社のある東京駅前に行って千代田銀行に立ち寄るなど、複雑なルートを辿った後で再び三越に戻りました。午前9時37分頃公用車から降りた下山は、「5分くらいだから待っててくれ」と運転手に告げ、急ぎ足で三越に入りそのまま消息絶ちました。普段下山は、午前9時前には国鉄本社に出勤し、毎朝秘書が玄関で出迎えていました。失踪当日は、国鉄の人員整理をめぐって緊張した状況にあり、午前9時には重要な局長会議が予定されていたため、自宅に確認したところ「普段通り公用車で出た」との回答があり、国鉄庁内は大騒ぎになりました。警察に連絡し、失踪事件として捜査が開始されますが、翌7月6日午前0時30分過ぎに足立区綾瀬の国鉄常磐線北千住駅と綾瀬駅の間で汽車に轢断された下山の遺体が発見されました。

失踪後の足取り

失踪後、下山総裁らしき人物は、まず三越店内で、次に営団地下鉄銀座線の浅草行き列車内で目撃されました。三越店内では、数名の人物を伴っていたとの目撃証言もあります。午後1時40分過ぎに、轢断地点に近い東武伊勢崎線五反野駅改札で改札係と話を交わしました。その後、午後2時から5時過ぎまで同駅に程近い「末広旅館」に滞在しました。午後6時頃から8時すぎまでの間には、五反野駅から南の轢断地点に至る東武伊勢崎線沿線で、服装背格好が総裁によく似た人物の目撃証言が多く数えられました。

捜査

死後轢断という主張

下山総裁は、東武伊勢崎線ガード下の国鉄常盤線下り方面線路上で、付近を0時20分頃に通過した下り貨物列車第869列車により轢断されたことが判明しました。遺体の司法解剖の指揮を執った東京大学医学教室主審の古畑種基教授は、回収された下山の遺体に認められた傷に「生活反応」が認められないことから、死後轢断と判定しました。また、遺体は損傷が激しく確実な死因の特定には至らなかったものの、遺体及び轢断現場では血液が殆ど確認されず、「失血死」の可能性が指摘されました。加えて遺体の局部などの特定部位にのみ、内出血などの「生活反応」を有す傷が認められたため、該当部分に生前かなりの力が加えられたことが予想され、局部を蹴り上げるなどの暴行が加えられた可能性が指摘されました。

生体轢断という主張

一方、現場検証で遺体を検分した東京都観察医務院の八十島信之助監察医は、それまでの轢死体の検視経験から、既に現場検証の段階で自殺と判断していました。遺体の局部などの特定部位にみたれた内出血などの「生活反応」の有る傷については、轢死体では頻繁に生じる事象であり、血液反応が僅かなことも、遺体発見時の現場周辺で降った雨に流され確認できなかったもので、他殺の根拠にはならないと主張しました。さらに慶応義塾大学の中舘久平教授が生体轢断を主張しました。自殺の根拠となる「生体轢断」と見るか、他殺の有力な根拠となる「死後轢断」とするかで見解は対立し、1949年8月30日には古畑教授、中舘教授、小宮喬介(元名古屋医科大学教授)の三人の法医学者が衆議院法務委員会に参考人招致され、国会、法医学界を巻き込んだ大論争となりました。

他殺説

作家の松本清張は「日本の黒い霧」を発表し、その中で当時日本を占領下に置いていた連合国軍の中心的存在であるアメリカ軍のCIC(防諜部隊)が事件に関わったと推理しました。また下山事件が時効を迎えると、松本をはじめとする有志が「下山事件研究会」を発足し、資料の収集と関係者からの聞き取りを行いました。同研究会では連合国軍の関与した他殺の可能性を指摘しました。研究会の成果は、みすず書房から「資料・下山事件」として出版されています。また、朝日新聞記者の矢田喜美雄は、1973年に長年の取材の成果を「謀殺下山事件」にまとめ、取材の課程で「アメリカ軍内の防諜機関に命じられて死体を運んだ」とする人物に行き着いたとして、その人物とのやりとりを記載しています。1999年には「週刊朝日」誌上で、「下山事件—50年後の真相」が連載されます。その後、取材を共同で進めていた諸永裕司の「葬られた夏」、森達也の「下山事件(シモヤマ・ケース)」、柴田哲孝の「下山事件—最後の証言—」が相次いで出版されました。いずれも元陸軍軍属が設立した組織と亜細亜産業関係者による他殺であると結論付けています。また下山の友人や知人たちも「彼の性分からしてあれほどの首切りを前に自殺するというのであれば遺書の一つは残すはずである」として他殺説を支持する人が多かったそうです。

他殺説の主張
下山はことあるごとに「鉄道の仕事に就けて幸せだ」と言っており、大好きな鉄道で命を絶つわけがない。
実直な下山が、遺書も残さずに死ぬわけがない。
轢断面やその近辺の出血といった痕跡がないのは、轢かれる前に既に死んでいたことを意味する。
下山が事件前に立ち寄ったとされる旅館の主人は元特高警察官であるため、証言は疑わしい。
大量解雇を予定通り実行させようと下山に強要したGHQが、下山を拷問の末誤って殺してしまい、それを逆手に取って犯行を労組の仕業に仕立てあげたのではないか、という説。

自殺説

事件発生直後から毎日新聞は自殺証言のスクープを出し、自殺を主張しました。同紙の記者・平正一は取材記録を纏めた「生体れき断」を1964年に出版しました。この中で、大規模な人員整理を進める責任者の立場に置かれたことによる、初老期鬱憂症による発作的自殺と推理しています。1976年には、佐藤一が自殺説の集大成といえる「下山事件全研究」を出版しました。佐藤は松川事件の被告として逮捕・起訴され、14年間の法廷闘争の末に無罪判決を勝ち取った人物であり、下山事件も連合国軍最高司令官総司令部あるいは日本政府による陰謀、つまり他殺であると当初は考え「下山事件研究会」の事務を務めていた人物でした。しかし調査を進める課程で次第に他殺説に疑問を抱き、発作的自殺説を主張するようになりました。他殺の根拠とされた各種の物証に関しても、地道な調査に基づいて反論を加えています。

自殺説の主張
総裁になる以前の、運輸次官の段階から下山は「辞めたい」とこぼしていた。
事件前日に下山はあちこちの要人に面会したり面会を要請し、それらの先々で用件を言うでもなく「嘆願や脅迫が自宅に来る」とこぼし、涙ぐむだけだった。
事件前日から当日朝までの下山の行動に、抑鬱と思われる行動が多々あった。
鉄道自殺など一瞬で生命を絶たれる事案の場合、轢断面に出血がないこともある。
胸部は離断していないにも関わらず内部の臓器が粉砕されており、これは立った状態で汽車に激突した可能性が高いことを示している。
下山総裁一家と親しい間柄であった吉松富弥の証言では、総裁死亡の数日前に直接本人から「GHQから国鉄職員大量解雇の指示があって、弱ってるよ」と聞き、死亡当日には総裁夫人から「自殺したのだと思う」との言葉を聞いている。
警察やマスコミによる自殺説の発表はGHQにより差し止められ、労組による他殺という風説が流布されたために共産党の躍進が阻止されたのだから、事案そのものは自殺であったとしても謀略があったことに変わりはない。

広告2

迷宮入り

他殺とも自殺とも結論を出せないまま、1949年12月31日には「下山事件特別捜査本部」は解散となりました。捜査一課は自殺との結論を出し発表しようとしていましたが、発表されることはありませんでした。他殺の線で捜査を続けていた警視庁捜査二課も、1950年には、捜査員が突然転任されるなどして大幅に規模を縮小し、事実上捜査は打ち切られました。1950年1月には警視庁下山事件特別捜査本部が作成した内部資料「下山国鉄総裁事件捜査報告」が「文藝春秋」と「改造」に掲載されました。自殺と結論付ける内容となっていますが、朝日新聞記者の矢田喜美雄や作家の松本清張などは、報告書の内容の矛盾点や事実誤認を指摘しています。1964年7月6日、殺人事件である場合の公訴時効が成立し、事件は迷宮入りのまま幕を閉じました。