本物の名探偵
平塚八兵衛が追った事件

三鷹事件

「三鷹事件」は1949年7月15日に東京都北多摩郡三鷹町と武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件です。下山事件・松川事件と合わせて国鉄三大ミステリー事件の一つとされています。

事件の経緯

連合国軍占領期の1949年7月15日午後9時23分(当時はサマータイムだったため、現在の午後8時23分)に、国鉄三鷹車庫から7両編成の無人電車が暴走しました。三鷹駅の下り1番線に進入した後、時速60km程のスピードで車止めに激突し、そのまま車止めを突き破って脱線転覆しました。電車は脱線転覆しながら線路脇の商店街などに突っ込み、男性6名が電車の下敷きとなって即死、ほかにも負傷者20名を出す大惨事となりました。

捜査

捜査当局は、1949年8月に事故によって全国ストライキを起こし、それをきっかけに革命を起こすという動機で、国鉄労働組合組合員の日本共産党員10人と非共産党員であった元運転士の竹内景助による共同謀議による犯行として彼らを逮捕しました。竹内は事件直前に国鉄を解雇されており、食料品の販売で生計を立てていました。逮捕された11人のうち、共産党員1人についてはアリバイが成立したため、不起訴として釈放されましたが、残りの共産党員9人と竹内が起訴され、さらに2人が偽証罪で起訴されました。

広告

裁判

1950年東京地方裁判所の鈴木忠五裁判長は、非共産党員の竹内の単独犯行として無期懲役の判決を下しました。一方、共同謀議の存在は「空中楼閣」と否定し他の9名は無罪としました。一審判決で竹内が死刑ではなく無期懲役とされたのは、解雇されたことへの反発があったこと、計画性がなかったこと、人命を奪うという結果を想定していなかったことが情状として挙げられました。後の歴史家が注目した、犯行時間とされた時間帯に同僚と風呂に入っていたというアリバイ証言については、検察側は同僚の証言は竹内が主張する時間より遅かったとしてアリバイを崩す姿勢を見せていたのですが、弁護側は何故か同僚の証言を関連性なしという理由で証人要求を拒否するなど不可解な行動を取っています。一審で6人を死亡させたと認定された竹内への無期懲役判決に対しては、読売新聞、毎日新聞、産経新聞などのマスコミは被害者や遺族の意見などを紹介して批判しました。これに対し検察は、全員の有罪を求めて控訴・上告しましたがいずれも棄却され、竹内以外については無罪が確定しました。竹内の控訴審で東京高等裁判所は、1951年、竹内についてのみ検察側の控訴を受け入れ、書面審理だけで一審の無期懲役判決を破棄し、より重い死刑判決を言い渡しました。弁護人は無実の主張とは別に、被告人の顔も見ぬまま死刑に変更することの非道も訴えて、最高裁判所に上告しましたが、最高裁では口頭弁論も開かれないまま1955年6月22日に死刑判決が確定しました。しかし、これが8対7の1票差であったため物議を醸しました。この事件以降、最高裁の死刑上告審理では口頭弁論を開くことが慣例となっています。竹内は死刑判決後も文藝春秋に陰謀説を訴える投稿をするなど、無実を訴え続けましたが、1967年に脳腫瘍のため獄死しました。45歳でした。

残る謎

竹内の供述は無実、単独犯、複数犯など様々な変遷を重ね、最高裁までに7回変更されました。竹内が単独犯を認めた背景には、共産党系の弁護士から「大した刑にもならないし、単独犯として罪を認めて他の共産党員を助ければ、出所後に共産党で高い地位に付けられる」という旨のことを言われて、共産党員ではなかったものの共産党シンパだった竹内がそれを受け入れたためといわれています。この共産党系弁護士は、竹内に重罰刑判決が言い渡された後は竹内の面会に全く来なくなりました。また事件については今だに多くの謎が残されています。その一部は以下の通りです。

広告2

事故車両

事故車両の63系電車のうち、先頭車のモハ63019は証拠物件として東京地方検察庁から保全命令が出されました。長年にわたり車籍を保持したまま三鷹電車区に鉄骨のみの車体が保管されていましたが、1963年12月に保全命令が解除され、除籍となり解体処分されました。2両目のモハ63057も除籍となりましたが、西武鉄道に譲渡され、401系として再生されました。また他の4両は復旧されています。