本物の名探偵
平塚八兵衛が追った事件

小平事件

「小平事件」は、1945年から1946年にかけて、東京とその周辺で発生した連続強姦殺人事件です。太平洋戦争の末期から敗戦直後の東京で、食糧の提供や就職口の斡旋を持ちかけるなどして言葉巧みに若い女性を山林に誘い出し、強姦して殺害するという手口で行われた連続事件でした。犯人の小平義雄は、戦後の混乱期の中でうやむやになった事件も含め30人以上の女性を強姦したと証言するなどその猟奇性が話題となり、当時の日本を震撼させた事件となりました。

事件の概要

1946年8月17日、東京・芝区の増上寺境内にて女性の遺体が発見されました。女性の首には細い布が巻きつけられており、強姦されたうえに絞殺されたものと見られました。間もなく被害者女性の家族が「自分の娘ではないか」と名乗り出て身元が判明し、直前にこの女性と会っていた小平義雄(当時41歳)が逮捕され、犯人であることが判明しました。また、小平が他の事件への関与も自供したことから、連続強姦殺人事件が発覚しました。小平は10件の事件について起訴され、そのうち3件が無罪、7件が有罪となりました。1948年11月16日、小平に対する死刑判決が確定し、翌年10月に執行されました。

広告

単身の引越しと言えども新生活は何かと物入りですし、引越しはなるべく安く、簡単に済ませたいものです。http://www.100sha.com/ 引越し 見積もりで比較して最適な業者さんを選びましょう!

事件の経緯

第一の事件
1945年5月25日、小平は当時ボイラー技師として勤務していた海軍衣糧廠の女子寮に侵入し、21歳女子隊員を強姦。発覚を恐れた小平は被害者女性の首を絞めて殺害し、遺体を防空壕へ隠しました。6月に遺体が発見され小平も事情聴取を受けるなどしますが、憲兵隊が捜査の際に別の男に嫌疑をかけた隙をみて退職し、寮を離れました。
第二の事件
同年6月23日、東武鉄道新栃木駅で31歳の女性に「知り合いの農家へ行けば、いくらでも米が買える」と声をかけて山林に誘い出します。関係を迫りますが拒否されたため、3度強姦したのち絞殺。現金70円と腕時計を奪いました。遺体は9月10日に発見されました。
第三の事件
同年7月12日、渋谷駅で食糧買出しのために切符を買おうとしていた22歳の女性に、「米を安く売ってくれる農家がある」と声をかけて山林に誘い出し、強姦します。女性は小刀のようなもので応戦しようと試みますが、小平はどれを奪い取って馬乗りになり、女性を絞殺。現金40円入りの財布と腕時計を奪いました。
第四の事件
第三の事件から三日後の7月15日、イモの買出しに行くために池袋駅で並んでいた21歳の女性に、「初めてのところでは売ってもらえないでしょう。すぐ買える知り合いのところに連れて行ってあげます」と声をかけ、雑木林に連れ込んで強姦し、絞殺。現金60円と下足1足を奪いました。11月5日に白骨化した被害者女性の遺体が見つかりました。
第五の事件
同年9月28日、東京駅で食糧買出しのために先輩女性と待ち合わせをしていた21歳の女性に、「清瀬方面に懇意な農家がある。イモは幾らでも買えるから一緒に行こう」と声をかけ、山村に連れ込んで強姦し、絞殺。現金300円と物々交換のために持ってきていた縮緬洋服を奪いました。遺体は11月1日に発見されています。
第六の事件
同年12月29日、東武浅草雷門駅で同じ電車に乗り込んだ21歳の女性に、農家に案内すると声をかけ、栃木県の山村に連れ込んで強姦し、絞殺。現金130円入りの財布とリュックを奪いました。
第七の事件
1946年8月6日、6月18日に「就職の世話をしてやる」と声をかけていた17歳女性と落ち合い、公園裏に連れ出して強姦し、殺害。8月17日に遺体が発見されました。この事件では6月に声をかけられた被害者女性が小平と住所を交換し、8月4日に彼女の自宅を訪ねて母親が小平と会っていたため、8月6日に女性が小平と出かけたことが判明し、逮捕されるに至りました。

小平義雄について

1905年1月28日生まれ。子供の頃から吃音症を持っていました。1923年6月に横須賀海兵団に入団し、海軍軍人となりましたが、戦地として赴いた中国においても婦女暴行や妊婦の殺害などを行っていたと語っています。1924年5月、海軍三等機関兵曹として退役します。その後小平は結婚しましたが、浮気相手である女性に子どもを産ませていました。1932年7月、妻が田植えの手伝いをするといって実家に帰り、そのまま戻りませんでした。浮気と隠し子の事実を知った妻の家族が、小平と離縁させようとしたためでした。それを知った小平は逆上し、妻の実家を襲撃。鉄棒で義父を殺害し、6人を負傷させました。この殺傷事件で小平は懲役15年の有罪判決を受けます。しかし二度の恩赦によって1940年に仮出所します。逮捕後の取調べおよび公判廷での本人の質問の際に「戦争のときはわしよりむごいことをした連中を知っていますが、平和なときにわしだけひどいことをした者はいないと思います。全く人間のすることじゃありません」と答えています。なお一審から上告審までの弁護人は小平本人の希望で元司法次官で元大審院部長の三宅正太郎が弁護人を務めました。また小平は公判廷では当時は許可されていた法廷内での写真撮影、インタビューに一切応じず三宅正太郎弁護士を通じて法廷内での写真撮影を一切禁止することを求め、これが認められました。このことが後の法廷内における撮影、録音の禁止、取材活動の制限に繋がっています。

死刑

死刑判決直後は粗暴な態度が目立っていた小平でしたが、面会に来た妻が自責の念を泣いて告白したことや、また教誨師との出会いもあり、次第に態度を改めていきました。1949年10月5日に死刑が執行されました。教誨師に対し「こういう落ち着いた日に死ねるのは幸福だ」と語っています。また妻に対して、「自分は荘厳な気持ちですべてを清算し、静かな気持ちで死んでいきます。長い間、お世話になった人々によろしくお伝えください。家族の者もどうぞ天命を完うしてください」という遺書と、「亡きみ霊、赦し給へし過去の罪、今日を最後に深く果てなん」という辞世の句を残しました。

広告2

第二小平事件

1946年、同年に発覚した小平事件と手口がよく似た事件が発生します。言葉巧みに若い女性に就職口の斡旋を持ちかけ、山林に誘い出した上で殺害するという手口でした。この事件は後に「第二小平事件」と呼ばれるようになります。最初の犠牲者が出たのは1946年11月13日でした。その日大宮駅へ買出しに着ていた女性に話を持ちかけて、埼玉県入間郡霞ヶ関村の山林に連れ出して絞殺しました。第二の事件はそれから約一ヵ月後の12月21日に発生しました。同じく大宮駅へ買出しにきていた女性に話を持ちかけて茨城県猿島郡五露村の山林に連れ出して絞殺しました。第三の事件は1947年1月に発生。大宮駅へ買出しにきていた女性にタバコ購入の斡旋を持ちかけて埼玉県北足立郡馬宮村の山林に連れ出して絞殺。現金20円とコートを強奪しました。第三の殺人事件以降、大宮駅周辺で買出し中の女性に、就職先の斡旋など甘い言葉をかけている不審な男が目撃されます。人相や体格から、無職の38歳男性を割り出し、3月に殺人罪で対応しました。その後男は5件の殺人事件に関与したことを自供しますが、そのうち自宅から被害者女性の所持品が確認された3件が起訴されました。1950年2月3日、犯人の死刑が確定しました。小平事件は強姦を目的にしていたのに対し、この事件はあくまでも金品強奪を目的に行われていました。